自己破産の疑問

買い物依存や浪費の借金で自己破産できる?趣味の無駄遣いでの免責は?

投稿日:2017年6月22日 更新日:

自己破産をするには、借金の理由に正当性が求められます。

どんな借金でも自己破産でゼロにできるわけではありません。

例えばギャンブルや浪費による借金は、自己破産が認められないと紹介しているインターネット上の情報もあります。

それでは本当に買い物依存による浪費で作った借金は、自己破産することができないのでしょうか。

ここでは自己破産と買い物依存による浪費の関係を紹介します。

 

このページでわかること

免責不許可事由として「浪費」があります。

これは浪費による借金は、自己破産させなくてもいいというだけで、必ずしも自己破産を認めないと判断するわけではありません。

むしろ、実際には、買い物依存や浪費による借金でも免責を認めてもらえるケースがよくあります。

ただし、最初から自己破産することを前提とするような、悪質な借金の場合は自己破産の許可が降りません。

また、自己破産するときには、購入したものの価値が20万円以上になる場合は、差し押さえられて売却されます。

自己破産すべきか迷っている方へ

 

自己破産を認められない条件とは。悪質な理由の場合は不許可とされる

人生では思わぬことが起こるものです。

例えば、友人がお金を借りるときの連帯保証人を引き受けたら、その友人が破産。

その煽りを受けて、多額の借金を背負うことがあります。

例えば、結婚して住宅ローンで家を建てたら、会社が倒産して無職になってしまうこともあります。

そういった想定外の借金を背負ってしまった人を救うために、自己破産という救済措置が用意されています。

真面目にコツコツやってきた人に、やり直しできるチャンスを与えてくれる社会を実現するには、自己破産はとても素晴らしいシステムです。

 

自己破産を悪用する人がいるために、免責不許可事由が用意されている

ところが、自己破産すると自動的に借金がゼロになるのであれば、それを悪用しようとする人がいます。

例えば借りられるだけお金を借りて、そのお金で遊び回った上で自己破産をすれば、楽しい思い出を無料で作れてしまいます。

 

このように自己破産することを前提にした借金の整理は、破産法では認められていません。

金融機関に対し、虚偽の申告をして借りたお金なども自己破産が認められない可能性があります。

このような悪質な借金は、裁判所が「自己破産を認めない」と決定することができます。

これを「免責不許可事由」と呼びます。

悪質かどうかの判断は難しいところですが、借金を自己破産させるかどうかは、裁判所の判断で行われるということを覚えておきましょう。

 

買い物依存や浪費が原因での借金は破産できるのか。裁量免責で破産可能となる場合も

悪質な借金の場合は、自己破産が認められない可能性があると説明しました。

それでは買い物依存などによる浪費の場合は、自己破産を認めてもらえるのでしょうか?

借金をゼロにすることは可能なのでしょうか?

基本的には、買い物による浪費は免責不許可事由のひとつとされています。

免責不許可事由というと専門用語で難しく感じる方も多いでしょう。

簡単に説明すると、「借金の返済を認めないための事由」ということです。

破産法で、浪費は自己破産として認めなくてもいいと決められています。

ただしポイントは「認めなくてもいい」ということであって、「認められない」ということではありません。

 

免責不許可事由でも、自己破産が認められることもある

借金を返さなくてもいいかどうかの判断をするのは裁判所です。

その裁判所では杓子定規に「浪費だから自己破産は認めない」と決めるのではなく、その人の置かれた状況まで含めて免責の判断を行います。

これが専門用語でいうところの「裁量免責」です。

例えば、「浪費による借金だけど、反省しているようだし、今回は大目に見て認めよう」というような判断を裁判所がすることがあります。

このため、買い物依存や浪費だからと言って、絶対に免責が認められないというわけではありません。

 

しかも自己破産をさせることで、破産者の信用情報がブラックになります。

これにより数年間はクレジットカードを持てなくなりますし、借金をすることもできなくなります。

こうした更生する環境が整っていますので、浪費をしなくなる可能性がとても高いと言えます。

このため、単純な買い物依存や浪費だけなら、免責が認められることはよくあることです。

ただしすでに紹介したように、自己破産することを前提にブランド物を買い漁るというような悪質なケースでは、もちろん自己破産は認められません。

 

買った品物は換金して支払いに当てる必要はある?ポイントは20万円を超えるかどうか

買い物依存や浪費で購入したものがある場合、自己破産をするときに手放さなくてはいけないのでしょうか?

これに関しては、ひとつの線引きがされています。

売却をしても20万円以上にならないものは、原則として換金する必要はありません。

しかし絶対に換金されないかというと、それはケースバイケースです。

単品で20万円未満の価値しかないものが差し押さえされる可能性はほとんどありません。

反対に、20万円以上の価値があるものは売却の対象として差し押さえされます。

これは浪費で購入したものということは関係なく、自己破産をする際条件として定められているものです。

浪費で購入したものに関しては、20万円以下の価値であれば手元に残り、それ以上の価値の場合は、差し押さえられて売却されるのだと覚えておきましょう。

 

まとめ:買い物依存で作った借金は裁量免責が認められる可能性が高い

買い物依存や浪費で作った借金。

法律上は自己破産を認めないための事由のひとつとされています。

しかし、実際に自己破産を認めないと判断されることはほとんどありません。

ただし、最初から自己破産することを目的とした、悪質な借金の場合は自己破産できないこともあります。

買い物で購入した品物は免責の可否に関係なく、資産としての価値が単品で20万円以上になる場合は差し押さえの対象です。

それよりも価値がない場合は売却する必要はありません。

自己破産したくないけど、借金は減らしたいなら

-自己破産の疑問
-,

Copyright© 自己破産するとどうなるか?その後の生活を経験者が解説|破産theリアル , 2018 AllRights Reserved.