自己破産の疑問

パチンコの借金でも自己破産はできる?ギャンブルで多重債務状態の時

投稿日:2017年6月22日 更新日:

自己破産は自分が「自己破産しました」というだけで、借金がなくなるわけではありません。

返すことができなくなった借金に対して、裁判所が返済しなくてもいいと認めてくれて初めて、借金がなくなります。

裁判所が返済しなくてもいいと認めない理由のひとつが、ギャンブルによる借金の自己破産です。

少し複雑なのは、ギャンブルによる借金が絶対に自己破産できないわけではないということです。

ここではその複雑な点も含めて、パチンコなどのギャンブルで作った借金と自己破産の関係について解説します。

 

このページでわかること

自己破産で借金をゼロにするには、裁判所が自己破産の内容をチェックして、免責を認めてもらわなくてはいけません。

そして裁判所が免責を認めなくてもいい事由の中に、パチンコなどのギャンブルで作った借金が含まれています。

パチンコなどのギャンブルで作った借金に対して、裁判所は免責許可を出さなくてもよいとされています。

しかし裁量免責によって、免責を認めることがあります。

ギャンブルで作った借金だから絶対に自己破産が認められないわけではありません。

判断は裁判所が行いますので、まずは弁護士に相談して自己破産を進めましょう。

破産が認められないときは個人再生や任意整理のような他の債務整理方法に切り替えましょう。

自己破産すべきか迷っている方へ

 

裁判所の免責不許可事由ってどういうこと?自己破産ができない理由とは

自己破産の流れをものすごく噛み砕いて説明してみましょう。

まず、借金を返せなくなった人が自己破産します。と裁判所に申し立てを行います。

裁判所はその借金について調べて、「これは仕方ない、やり直しを認めよう」と判断します。

そして借金返済をしなくてもいい、という「免責許可」を出し、自己破産が確定します。

 

自己破産が認められない「免責不許可事由」とは?

ですが、「これは仕方ない」という判断だけでは、あまりにも主観的になってしまいますよね。

そのため破産法によって、これは免責許可しなくてもいいという事由を定めています。

これが免責不許可事由と呼ばれるもので、パチンコなどのギャンブルで作った借金も含まれます。

ギャンブルだけでなく、浪費による借金も免責不許可事由のひとつです。

 

考え方としては、そもそも借りる必要のない借金は、きちんと返済しなさいということです。

もう少しわかりやすく言えば、無駄遣いは自己破産としては認めないということになります。

免責不許可事由として定められているものは他にもあります。

中でもパチンコなどのギャンブルによる借金は無駄遣いなので、免責にしなくてもいいというのが破産法の考え方です。

 

破産申立が必ずしも免責不許可になるわけではない理由とは?

免責不許可事由があると、裁判所はその借金に対して免責を認めなくてもかまいません。

でも実際には免責を認められるケースのほうが多いのが実情です。

免責を認めるか認めないかは裁判所が総合的に判断して決めます。これを裁量免責といいます。

もし免責不許可事由に該当する項目があったとしても、裁判所が「反省している」と判断したときには、免責を認めてくれるケースがあります。

裁判所としても、基本スタンスは自己破産を認める方針なのです。

しかし悪質な免責不許可事由に関しては、それを理由に免責を認めないという判断を行います。

例えば、次のようなケースを考えてみてください。

  • 最初から自己破産をすることを前提に限界まで借金をして遊び回っている
  • 借りたお金で人にプレゼントを買ってあげている

こういったことは悪質な免責不許可事由になりますので、自己破産による免責を認めないと裁判所が決めるわけです。

 

パチンコ、ギャンブルでの借金は自己破産でゼロにできるのか?

それではパチンコなどのギャンブルについては、どう考えればいいのでしょうか?

明らかな無駄遣いなので、自己破産は認められないのでしょうか?

これに関しては、明確な線引きはありません。

認められるケースもあれば、認められないケースもあります。

 

自己破産が認めてもらえるかどうかはケースバイケース

例えば借金の理由がギャンブルだけではなく、他の借金も含まれているとします。

そのときにギャンブルが原因の借金の割合が小さければ、自己破産での免責を認めてもらえる可能性は高くなります。

パチンコはギャンブルですが、国が認めている遊戯でもあります。

そのパチンコの借金があり、その金額が10万円くらいなら、自己破産するほどではありませんよね。

その状態で、連帯保証人になったことが原因で1000万円の借金を背負ったとします。

このような状況なら、ギャンブルでの借金も含めて自己破産を認めてもらえる可能性は十分にあります。

 

ギャンブルでの借金を自己破産できないケース。何度も繰り返すとそれは「悪質」です

パチンコなどのギャンブルでの借金でも、状況によれば自己破産できることは分かってもらえたと思います。

それではどのようなケースなら自己破産を認めてもらえないのでしょう。

  • ギャンブルで借金を返済するために何十万円も借りた
  • 一度ギャンブルでの借金で自己破産しているのに、また自己破産を繰り返した

パチンコなどのギャンブルを遊びの範囲内で行っているうちは、まだ免責が認められやすいと言えます。

例えば、人生の一発逆転を狙って何十万円も借りる、それを何度も繰り返したりしている…。

こうした場合は、悪質な自己破産として自己破産が認められない可能性があります。

 

また、ギャンブルでの自己破産を過去に行っている場合、反省していないということで、自己破産は認められません。

個々のケースによって判断が変わりますので、まずは弁護士に相談することから始めましょう。

自己破産を認められない場合は、任意整理や個人再生、特定調停などの他の債務整理方法で、借金の返済を行います。

 

まとめ:パチンコで作った借金は裁量免責とされるかも。十分な反省と誠実な対応で臨もう

パチンコなどのギャンブルで作った借金を自己破産として認められるかどうか、心配ですよね。

これに関しては、借金総額や、自己破産することになった経緯などを総合的に判断して、裁判所が認可の可否を決めます。

同じ額のギャンブルで作った借金でも、免責が認められるかどうかは、その状況によって変わります。

悪質な理由でない場合、パチンコ・ギャンブルで作った借金でも、免責が認められるケースが多いです。

ただし絶対に認めてもらえる、というわけではありません。

裁判所の判断がすべてですので、免責が認められない場合は、弁護士と相談して他の債務整理方法に切り替えましょう。

自己破産したくないけど、借金は減らしたいなら

-自己破産の疑問
-, ,

Copyright© 自己破産するとどうなるか?その後の生活を経験者が解説|破産theリアル , 2018 AllRights Reserved.